研究室の記録
研究室で学んだことを覚書するブログ. つまり,メモをWebに公開したもの.
プロフィール

ビンゴ中西@研究室

Author:ビンゴ中西@研究室
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月3日
◆◆◆◆◆◆◆◆◆Emacs◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ソースを書いているとき

Esc + / で補完できる.

Esc + i でタブ入力となる.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆パーティションを区切る◆◆◆◆◆
Norton Partition Magicで
パーティションを切れる.
今回は OSから読み込む前に CDから起動させ,
Linuxのためにパーティションを増やした.


Windows はもちろんNTFS
Linux は 拡張
とし, WindowとLinuxは基本領域とした.

Linuxを入れる領域で/usl や /bin などを論理領域としたと思われる.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆C言語のヘッダーとソースファイルになにを書くべきか◆◆◆
ヘッダーには関数の宣言を,
ソースファイルにはその宣言に対する実装を書けばよい

さらに 2重のincludeを防ぐため

#ifndef
#endif

が用意されている.

これは AA.h というヘッダーファイルなら

#ifndef __AA.h
#define __AA.h
~~~~~~~~~~~~
~~~ なにか宣言 ~~~
~~~~~~~~~~~~
#endif

という風に使うようである.

BB.h というヘッダーも同じように
#ifndef __BB.h で始めるように書けば自ずと2重includeは
防げる.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆◆◆ストリームを検索する◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
具体例を示す.

netstate | less

の less画面で / を押すと 検索モードに突入するので
そこで検索する.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆◆◆◆◆◆◆manについて◆◆◆◆◆◆◆

C言語を書いていたり ソースを読んでいたりしてわからない
関数にぶつかると man にあたるとよい

man は 1 が コマンド
2 が システムコール
3 が プログラム言語の関数

であるので たとえば

man 3 fopen でC言語のfopen関数の機能の説明が読める.
ちなみに今回は3は省略可能である.

man 2 open なら システムコールの open に関する説明が読める.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。